So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

野中の猫/平成二十九年八月十六日 [由無し事]

所沢で岩合光昭さんの猫写真展を観て来ましたよ。
お盆休み中とはいえ、雨天なのに結構な人出でした。
290816-1.jpg
入場券が猫型に型抜きされてるのが可愛かったです。ふふってなりました。
市街地では人間に迷惑もかけず、危険にも晒されず、
野外で平和に暮らす猫の姿を見るのは難しい事ですから、
雄大な自然の風景の中で遊び暮らす猫の姿を見られるのは嬉しいものです。

帰りに駅前のくりこ庵を覗いてみたら、
ベーコンエッグなんてのがあったのでつい買ってしまいました。
290816-2.jpg
切ってみました。
290816-3.jpg
鯛焼きは甘いものって先入観があるから、
しょっぱい鯛焼きって、何か別の食べ物みたいで変な感じです。
でもちゃんと美味しかったから、たまにはこういうのもいいかも。
コメント(0) 
共通テーマ:コミック

川の流れの妖魚/平成二十九年七月十六日 [由無し事]

時々通るとある用水路脇の道、結構色んな生き物が観察できて楽しいんですよ。
丸々とよく肥えた鯉とか、プリプリして美味しそうなカルガモとか、
ポッキーみたいな黒と黄色のお洒落な足した鷺とか。

それで、今回も信号待ちしながらのんびり川面を眺めてたんですけど、
何だか見慣れない魚が泳いているのに気が付いたんですよ。
頭が三角で、平べったい鯰のような形をした黒っぽい魚。
川上に頭を向けて、結構速い流れに逆らって泳いでました。
30cmくらいのから5cmくらいのまで、四、五匹いたかな。
290716.jpg
最初はコチ?と思ったんですがコチがこんな内陸まで遡上してくるわけないし、
チョウザメ?まさかね。ピパ?って魚じゃないし!!何だろう、あれ、
ていうか泳ぎがクネクネニョロニョロして気持ち悪い!!絶対日本の魚じゃない!!
そう思ってるうちに信号が変わって、急いでいたのでそのまま立ち去ったのですが、
どうにも気になったので帰宅後すぐ調べてみましたよ。

以外とすぐに判明しました。通称「プレコ」と呼ばれる熱帯魚だったらしいです。
きっと誰かが飼いきれなくなって放した、捨てプレコなんでしょうねぇ。
沖縄では繁殖して在来種を侵食しちゃって問題になってるとか。
本来なら東京の気候では冬を越せないそうですが、
温廃水のあるところでは繁殖しちゃって他人事ではないそうな。

プレコ、食べるとかなり美味しいらしいですが、捌くのもかなり大変らしいので、
ここはなんでも機械化してしまう日本の技術力で以って、
プレコ解体機なんか開発したらいいんじゃないかなーなんて、
不謹慎な妄想してしまいました。プレコ好きな方、機械会社さん、ごめんなさい。
プレコもごめんよ。来たくて日本に来たんじゃないのにね。
コメント(0) 
共通テーマ:コミック

たのもしいねがい/平成二十九年七月十三日 [由無し事]

九州の豪雨災害を見るにつけ心が痛みます。
被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。
上空から見た山々の姿が痛々しい…。山が欠けてるよ…。

通りすがりに見かけた七夕飾りです。何だか気後れして載せそびれてました。
290707-1.jpg
じがうまくなりたいとか、プリキュアになりたいとか、天才になりたいとか、
短冊には子供らしいお願い事が色々と書いてありました。
その中に、きゅうきゅうたいになりたい、と書いてあるのがあって、
頼もしいなぁ、と感心致しましたよ。
290707-2.jpg
きっとお友達のいい所を見付けるのが得意な良い子だね。
一瞬、何故?!と怯んでしまった私は、きっと心がスレちまってます。(笑)
コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ホットなのかクールなのか/平成二十九年六月十五日 [由無し事]

鯛焼きでチュー。
cma1.jpg
一昨年辺りから気になってたけど、毎年食べ損ねて悔しい思いをして来た、
くりこ庵の期間限定チョコミントあん、今年やっと釣り上げる事が出来ました。
cma2.jpg
あんの色も、味も見事なチョコミントで、とても美味しかったです。
ただ、もともとチョコミントが大好きな私でも
ちょっとびっくりするくらいスースーするので、
ミントが得意じゃない人はお気を付けになった方がいいかもしれません。
一匹食べたら、その日一日ずっとお腹がスースーしてますよ。
コメント(0) 
共通テーマ:コミック

人参フリッパー/平成二十九年六月十一日 [由無し事]

世代がバレますが、私が子供の頃に流行っていた海外ドラマに、
「わんぱくフリッパー」という作品がありました。
どこかアメリカの港町に暮らす家族と、その家族に飼われていたのか、
野良だったか、フリッパーという名のイルカとの交流を描いた内容でした。
当時は銭湯に行くと、水中モーター付きのイルカのおもちゃが
湯船に一匹や二匹は泳いでいたくらいに流行ってました。

詳しい内容は殆ど覚えていないんですけど、
一つだけ物凄く印象に残っている場面があります。
その家族の中の最年少の男の子が一人、船着き場に腰掛けて、
不貞腐れた様子で生の葉付き人参を丸かじりしている場面です。

えぇっ、船持ってるようなお金持ちの家の子なのに、
生の人参丸かじりさせられてるなんて、
何か悪い事してお仕置きされたの?! それとも兄弟差別?!
…って、まずびっくりしました。
子供が葉っぱ付きの生の根菜丸かじりする姿なんて、
戦前に東北地方が大凶作で子供が生の大根抱えて丸かじりしてる、
あの有名な写真の印象がそのままかぶっちゃったんですねぇ。

そしてその様子を海から眺めていたフリッパーが、
その男の子に向かって何かケケケケッと鳴くんですね。
男の子が可哀想だから慰めているのかと思ったら、その男の子、
この人参は僕のだからお前にはやらん!!と憎々しげにフリッパーに言うんです。
それを聞いたフリッパーがまたケケケケッと鳴いて、男の子は、
やらんといったらやらん!!と意地悪を言うのです。
えぇっ、イルカって、人参食べるの?! …って、またまた大衝撃でした。

アメリカでは生の人参丸かじりは普通に子供のおやつだと知ったのは、
それから何十年も経ってからの事でした。
でもイルカが人参食べるかどうかは未だ謎のままです。(笑)
ninjinj.jpg
味の想像がつかなくて長い間購入を迷っていたご当地名物人参ジャム、
思い切って買って食べてみました。美味しかったですよ。
リンゴとレモンが効いていて、人参臭さは全然なくて、
甘酸っぱくてさっばりしていて、爽やかな感じです。
ただ、これをジャムと言っていいのかどうかは…今一つ疑問が残ります。
ペクチンが少ないのかさらっとしていて、ジャムのようなトロッと感はありません。
見た目はもみじおろしのようだけど、それよりはちゃんともったり感もあって、
何かに似ている…と思ったら、こしあん!! 水分多めのゆるめのこしあんです。
でも人参こしあんなんて言ったら、もっと違うし、やっぱりジャムですかね〜。
コメント(0) 
共通テーマ:コミック
前の5件 | -
(C) はなだの 2010-2017