So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

今だけ男〜♪/平成三十年四月二十八日 [由無し事]

子供時代の記憶なので勘違いがあるかもしれませんが、
土俵に女性が登っちゃった事って、
昔はたまにあったような気がするんですが…どうなんでしょう?
最近みたいに何らかの意志を持った女性が突撃して来るんじゃなくて、
つい、うっかりとか、今だけ内緒で~とかで。
あらあら、間違っちゃったね~って感じで、
そんなにおおごとにもなってなかった気がするんですが…。
花束抱えた女子中学生が登っちゃったのを何となく覚えてます。

昔、私が通っていた神道系の学校の女子寮が男子禁制で、
例え教授だろうが実の父親だろうが、男性が寮生の居室に入るのは厳禁!!
玄関脇の面会室までしか許されていませんでした。
でもある日、居室で急病のため意識不明になった寮生がいて、
救急車を呼んだ事があったんです。

普通に男性の救急隊員が突入して来ましたよ、居室まで。
まさか女性の救急隊員にしてくれなんて要請しなかったし、
意識のない寮生を不用意に玄関ロビーまで動かしたりもしませんでした。
まあ土俵と女子寮を一緒にしてはいけませんが、そういう次第で、
個人的に今回の問題にはすごく違和感を覚えましたよー。
(ちなみにその時の寮生は無事元気になって帰って来ましたよ)

つい最近まで男子禁制が厳守されて来た斎場御嶽(一発変換できた!)では、
かつては例え国王といえども男性は立ち入る事を許されず、
止むを得ない場合は女装しなければならなかったそうですが、
女装すれば入れたわけですから、それに倣えばいいんじゃないでしょうか。
土俵は緊急時以外は女人禁制、ただし男装すれば可、という事にすれば。
それだったら、もしそんな事になった時も、文句が出るどころか
登る女性もきっとウキウキで男装支度してくれるんじゃないでしょうか。
観客もワクワクしながら見守ってくれる気がするんですけどねぇ。
スーツかな礼服かな、いっそ紋付袴なら素敵だな~って。
日本武尊や天照大神みたいに、古代は女装男装の戦士は英雄だったんだし。
特に外国人観光客にウケそう!!
300428.jpg
話題と全然関係ない画像でスミマセン。
久し振りにコンビニ行ったらチョコミント祭りでした。嬉しい。
コメント(0) 
共通テーマ:コミック

昔の名残か蛍の墓か/平成三十年四月二十一日 [由無し事]

商業誌でお仕事させて頂いていた頃、担当編集氏と打ち合わせ中の雑談で、
地元の文化施設の充実度の低さをこぼしてた時の事です。
図書館も美術館もすごく不便な場所にしかなくて、殆ど利用できなかったとか、
映画館なんかも、もともと少なかったのが更にどんどん閉館しちゃって、
観たい映画があっても上映館がなかったりして、すごく不便だったとかね。

そしたら編集氏が軽口めかして、
「それじゃあ有名な映画監督なんかも出てこないでしょうねぇ〜。」
って言ったんです。
いつもの事なので、いつもなら「そりゃ悪かったですね〜。」と
軽く受け流す所なのですが、この時は違いました。

私「それがどういう訳かいるんですよ。
衣笠貞之助さんとか、市川崑さんとか、
それと生まれは東京だけど在所が地元で、少年期は地元で育った
小津安二郎さんとか、アニメだけど高畑勲さんとか、
あと江戸川乱歩さんが趣味で8ミリ撮ってたみたいですよ、
志摩の若い海女さんにおっぱい出させて
ワシ、恥しい!!なんて字幕入れてたりして〜…」(笑)

編集氏もびっくりされてたみたいでした。
本当に、なんでなんでしょうね。
確かに江戸時代までは、最新の文化流行の発信地があったらしいけど、
そんなのは遠い昔の話で、今はただの寂れた田舎町なのになぁ。

そんなわけで、今更ながら心より感謝と哀悼の意を表します。
もう高畑勲さんの新作は見られなくなってしまったと思うと残念です。
ヒルダとフィオリーナとヒラメちゃんが好きでした。
氏の作品には時々ハッとするようなエロさや生々しさをまとった場面があって、
子供の頃はその感覚が何なのかよく解らないながらも、
アニメでこんなこと描く人がいるんだ…って感動してたものでした。

ハイジとクララが森でお日様を見上げて、眩しくてクシャミしたのとか、
ダイアナのみっともない酔っ払いぶりが情け容赦なかったとか、
これお母さんのや、と翡翠の指輪が膿盆に入れられて差し出されたのとか、
狸の悪戯に巻き込まれて死人が出たのをナンマイダ〜で済ませてしまうのとか、
娘狸にチューされた青年狸が鼻血吹いてぶっ倒れるのかと思いきや、
何とそのまま娘狸を押し倒して子供まで作ってたりとか、
竹取翁が手の中の小さい姫を嫗に手渡した途端に人間の赤ん坊になった時には
心の中で(エェッ、それ、あかんやろ!!)と叫んでましたわ。(笑)

今思うとあの生々しさは、命のきらめきの実感だったのかなぁと思ってます。
そしてそこには常に死が隣に佇んでいるような、
だからこそ際立つ強いきらめきだったのかなぁ…って。
300421-1.jpg
映画館は乏しかったけど、優秀映画鑑賞会みたいな団体があって、
年に数回、優秀作品を公民館のスクリーンで上映してくれてました。
新旧問わず。お陰で「セロ弾きのゴーシュ」もそこで観られました。
新し目の作品だと運良くパンフレットも手に入る時があってよかったです。
300421-2.jpg
第三の男もスティングもディーバもアントニー・ガウディも
田舎の日曜日も雨月物語もそこで観た思い出…。
コメント(0) 
共通テーマ:コミック

墓友猫友/平成三十年三月二十四日 [由無し事]

東京は今日、桜が満開になりました。
ふわふわピンクに心ウキウキ週間の始まりですね。

今年は花粉症の症状が酷いので、敢えて数日前の雨模様の中、
今年もうちの猫達の墓参りに行ってきました。
どういう訳かみんな、春のお彼岸前後に亡くなったので、丁度今頃。

実は数年前、地元から東京の動物霊園に改葬させて頂きました。
両国の回向院です。
ちょっと自宅からは遠いけど、ここなら安心して預かって頂けると思って。
かの歌川国芳の飼い猫達も、ここに葬られているそうですよ。
うちの猫達、国芳の猫達と墓友なんですよ!! すごいわ、なんて。(笑)

参考にして頂けるかもしれないので、余談を。
一度埋葬した動物も、寺務所でちゃんと受け付けて頂けましたよ。
料金は火葬料込みなので、動物の重量制なのですが、
うちのように既に骨になってても変わらず重量制でした。
寺務所に秤があるので、そこで測れます。
そして卒塔婆を立てるかどうか、法事の案内が要るかどうかなど聞かれます。

うちの宗派にゃ卒塔婆がないので、恥ずかしながらそれって何する物なんですか?
なんて聞いてしまったのに、職員さんが呆れもせず親切に教えて下さいました。
お手紙書くみたいな物ですよって事でした。
まあ、寝てるとこ起こしてまた火葬されたりして御免よーって気持ちもあるので、
三匹分まとめて一本立てさせて頂きましたよ。
連れて来られた動物達はその日の夕方四時からのお勤めの時に供養して頂けるので、
参列したい時にはそれに合わせて時間調整するといいかもしれません。

↓猫ちゃん用の献花台です。犬ちゃん用の台も別にあります。
300324-1.jpg
↓回向院のアイドル猫ちゃん。
300324-3.jpg
↓動物用の霊安室の軒先が猫ちゃんのお休み処。何か張り紙が…?
300324-4.jpg
↓お参りの皆さん、気をつけてあげてね!!
300324-2.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:コミック

パリッと仕上がる洗濯物/平成三十年二月八日 [由無し事]

我が家では洗濯物は年中部屋干しが基本です。
でも最近の数年に一度の寒波のせいで、さすがに乾きが悪いのに業を煮やして、
タオルやらカットソーやら、ついに外干しにしたんですよね、先月の話ですが。
そうしたら洗濯物、凍っちゃいました!! パリッパリに!!
洗濯物が凍るところなんて、生まれて初めて見ましたよ〜。
そんなの寒冷地限定のギャグだと思ってたから、笑っちゃいましたよ、もう。
ちょっと調べて見たら、気化熱の関係で気温5度くらいでも凍っちゃうんだとか。
幾つになっても知らないことっていっぱいあるんだなぁーって、改めて感動しました。
いいもの見せて貰いましたわ。
これからまだしばらく大雪の被害などには用心が要るらしいので、
どうぞ皆様お気を付け下さい。私も気を付けます。

そんなわけで、とりあえずカルディとか輸入食品店とかで、
台湾製のコーヒードリッパーやらお菓子やら買って、何かした気になっております。
話題がいきなり飛んでスミマセン。それくらいしか出来ないので。

↓これも、記事の内容と全然関係ない画像でごめんなさい。
wasi1.jpg
前々回の記事「ハートを和紙掴み」に書いた、件の手漉き和紙です。
女子高生に、そんな汚い真っ黒けの紙なんか要らん!! と
突っ返されたという可哀想な紙(笑)。
wasi2.jpg
手製の本の表紙になってますよ〜。
コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ニャオンカードもあればな/平成三十年一月六日 [由無し事]

あけましておめでとうございます。
今年も何卒宜しくお願い申し上げます。
どちら様にもここ掘れワンワンとばかりに幸福が湧き出る年になりまする〜。

さて、実は犬が苦手過ぎてWAONカードも作れないほどな私ですが、
お気に入りの犬本は何冊かあったりするのですよ。
せっかくの戌年なので、何冊かご紹介させて頂きます。(全てアフィリエイト画像です)


↑正月早々こんなグロい本紹介して恐縮ですが、犬と言えばこの本は外せません。
絶対にハッピーエンドではないのに、バッドエンドとも言えない…。
真っ黒な闇と泥の中できらめく水晶のかけらを洗い出す作業をさせられているような本。


↑しばわんこの和のシリーズ、アニメ化もされましたね。
「お母さん…」「お茶碗がぁ〜」の場面は何度見ても泣かされるので敵わんです。


↑作画作業にくたびれ果てて、つい投げ出したくなってしまいそうになった時に、
この本を見て頑張る勇気を貰ってました。
研ぎ澄まされた画力には、一本の線にでも物語が潜むのですね。
コメント(0) 
共通テーマ:コミック
前の5件 | -
(C) はなだの 2010〜