So-net無料ブログ作成

繕う日々/平成二十七年五月二十三日 [由無し事]

恥ずかしながら二十年物の煎餅布団をついに買い替えまして、
その性能の進化っぷりに、いたく感動致しております。
重さは半分なのに、かさは倍って何なんですかぁ〜?!
片手で敷蒲団が畳めてしまうのには、本当に感動致しましたわ。
軽いの何のって。繊維が中空構造とか何とからしいですよ。

これまで使って来た布団は洗える布団じゃないのに、猫の粗相のお陰で
無理矢理洗濯を繰り返してましたから、かなりくたびれていたんですよね。
側生地も弱って破れて来て、自分で新しく側を巻き直したりして。
今回の買い替えに伴って、使える生地は繕い直して仕立て替えをしました。

古い布団のカバーからファスナーを外して、端切れを継ぎ接ぎしてマルチカバーに。
巻き直した側生地を外して、さっき外したファスナーを縫い付けて新しい布団カバーに。
ついでに、くたびれて毛足の消えた綿毛布四枚を継ぎ接ぎして、
ホットカーペットカバーとこたつの中掛に。これは来年用♪
まっすぐ縫うだけでも、大物を縫うのは結構大変なので、
繕い物が片付くとすっきりして気分が良いです。もっと繕う物ないかな〜。
コメント(0) 
共通テーマ:コミック

雲平(うんぺい)さん/平成二十七年五月一日 [由無し事]

ずっと使っていたアップル漫画原稿用紙が、いつの間にか製造終了していたと知りまして、
代りに、まだ使った事の無かったD社の漫画原稿用紙、
B4-135kg-ケント紙のを買いに行きました。新宿の世界堂へ。
まあ、無地のKMKケントに自分で枠線を引いてもいいんですが、
最初から規定に沿った枠が入っていた方が、何かと面倒が無かったりするもので。

…売り切れてましたわ!!
B4-135kg-ケント紙仕様の用紙の棚だけ、ごっそり無くなってました。
仕方ないので高島屋のとこのハンズにも寄ってみましたが、置いてませんでした。残念。
その事は残念だったけど、ちょっと嬉しい事もありましたわ。
unpei1.jpg
高島屋地下の銘菓売り場で、「雲平(うんぺい)」見つけたんですよ!!大好きなんです。
unpei2.jpg
数年前に、日本橋の三越と有楽町の秋田県のアンテナショップでたまたま見つけて、
とても気に入ったのですけど、他では見た事が無かったんですよね。
日本橋や有楽町にはそうそう用事がないけど、
新宿なら寄り易いし、ちょくちょく買いに行けそう。嬉しいな。
unpei3.jpg
封を切ると、胡麻と餅粉のふくよかな香りが立ち上って、幸せな気分に浸れます。
unpei4.jpg
もっちり、シャリシャリした歯触りは独特で、粘り着かず歯切れが良いです。
素朴な餅菓子です。
コメント(0) 
共通テーマ:コミック
(C) はなだの 2010-2017

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。