So-net無料ブログ作成
由無し事 ブログトップ
前の30件 | -

ニャオンカードもあればな/平成三十年一月六日 [由無し事]

あけましておめでとうございます。
今年も何卒宜しくお願い申し上げます。
どちら様にもここ掘れワンワンとばかりに幸福が湧き出る年になりまする〜。

さて、実は犬が苦手過ぎてWAONカードも作れないほどな私ですが、
お気に入りの犬本は何冊かあったりするのですよ。
せっかくの戌年なので、何冊かご紹介させて頂きます。(全てアフィリエイト画像です)


↑正月早々こんなグロい本紹介して恐縮ですが、犬と言えばこの本は外せません。
絶対にハッピーエンドではないのに、バッドエンドとも言えない…。
真っ黒な闇と泥の中できらめく水晶のかけらを洗い出す作業をさせられているような本。


↑しばわんこの和のシリーズ、アニメ化もされましたね。
「お母さん…」「お茶碗がぁ〜」の場面は何度見ても泣かされるので敵わんです。


↑作画作業にくたびれ果てて、つい投げ出したくなってしまいそうになった時に、
この本を見て頑張る勇気を貰ってました。
研ぎ澄まされた画力には、一本の線にでも物語が潜むのですね。
コメント(0) 

ハートを和紙掴み/平成二十九年十二月二十九日 [由無し事]

学生時代のお話です。
先輩が授業の研修だかで越前和紙だったかな?和紙工房の見学に行ったら、
手漉き和紙の見本を何枚かお土産に貰ったとかで、私に見せてくれたんですよ。

木の葉や木くずをすき込んだ、渋くて素敵な和紙だったんです。
そういうのが結構好きだった私は「わぁ〜素敵ですねぇ綺麗ですねぇ〜。」と
素直に見惚れてたら、「よかったらあげようか?」と先輩が言ってくれたんです。
そりゃもう私、大喜びですよ!!
「いいんですか?!ほんとに?!うわー嬉しい有難うございますー!!」って大感激。
先輩、「そんなに喜ぶと思わなかった…。」って、びっくりしてました。
実は私にくれる前にも、当時高校生の妹さんにあげようとしたら、
「そんな汚い真っ黒けの紙なんか要らん!!」と突っ返されたんだそうです。
それを聞いて私もびっくりしました。
こんな素敵な手漉き和紙も、興味ない人にはただの汚い紙にしか見えないんだ?!って、
目から鱗の思いでした。
人には人それぞれの価値観があるって思い知らされた出来事でしたわ。

本棚の整理してたら、昔作ったコピー本の同人誌が目に留まりました。
wtj1.jpg
wtj2.jpg
奥付けを見たら平成三年製、商業誌デビュー前です。
表紙は和紙のコピー用紙、背表紙は金彩入りの揉み和紙、
本文は袋折で、赤いレース糸で和綴じ製本しました。
勿論一冊ずつ手作りで、よくまあこんな手間のかかる事してたもんです。
商業誌で描かせて頂くようになってから、
いつか和紙を使った単行本が出せたらいいのにな〜なんて、
儚い妄想を抱いてたもんですけどね。

でも今って、和綴じ本も同人誌の印刷所で製本して貰えるんですってね!!
試しに調べて、さすがにびっくりしました。もの凄く手間がかかるのにー?!
時代の変遷の凄さに、久々に打ちのめされた一件でしたわ〜。

まあそんなわけで、時流にすっかり置き去りにされてる感を強めた年末ですが、
お陰様で何とか今年も無事に過ごす事が出来ました。
本年もお世話になりまして誠に有難うございました。
どうぞ皆様良いお年を…。
年明けに、またご挨拶申し上げます。
コメント(0) 

ヒューマンフード、ヒトカリカリ/平成二十九年十二月二十三日 [由無し事]

フェリシモ猫部の出張販売にまた出逢いまして、
またもや猫ラベル商法に引っ掛かりました。
人間用カリカリ、にゃりんとうですって(笑)。
かつて猫用カリカリも試食済みの私にとっては、何を今更のはずなのに〜。
hf1.jpg
ちなみに両脇に置いたのはセブンのチーズインスナック、通称人間用シーバです。
hf2.jpg
猫麺シリーズと同様、ここにもちゃんと注意書きが表示されてますね。
間接的にでも、ささやかながらでも猫の役に立てるなら嬉しいな。
コメント(0) 

神域で/平成二十九年十一月三十日 [由無し事]

何だか居た堪れなくなるから、お相撲のニュースが流れてくると
思わず切っちゃうようになってしまったのに、
嫌でも目に入る騒ぎになってしまって残念な限りです。
自分がここまで凹まされた事にも、ちょっとびっくりしてますよ。

個人的には場外乱闘※より、土俵で立行司が切腹申し付けられた※事の方が
(※物の例えです。)ずっと物凄い衝撃だったんですけどねぇ。
えっ…これは本当の事なの…?って、我が目が信じられませんでしたもの。

昔、明治神宮の境内でラテン系の外国人のおっちゃんが歩き煙草してて、
しかも吸殻そのままその場でポイ捨てするのを見てしまった時より、
ずーっと深い絶望の底に突き落とされましたよ。
だって、あのラテン系のおっちゃんは、
そこが神域だなんて知らなかったのかもしれないし…。
(神域外でも歩き煙草もポイ捨てもダメだけどそれは置いといて。)

日本の心を踏みにじられた様な気がして、とても残念な気持ちが致します。
大袈裟でスミマセン。
コメント(0) 

ツナとマーマイト/平成二十九年九月二十一日 [由無し事]

人生初の帯状疱疹にやられてました。
もうちょっと自分の事養生しないといけなかったなぁ。
幸いそんなに重症化もせず、後遺症の神経痛も残らずに済んだので良かったです。
むしろ薬が効きすぎて、一日中酔っ払ったみたいな状態で過ごしてたので、
何でもない所で転んで擦り傷やら痣やら作って、危なくて仕方なかったです。
神経細胞をアホにしといて、その隙に組織を修復してるのかなぁという感覚でした。

そんな時、通りすがりの成城石井でマーマイト売ってるのを見つけて、
あれ珍しい、ベジマイトはいつも売ってるけどマーマイトは初めて見たな。
あぁこれまだ食べた事なかったんだ、思い残す事がないようにいっぺん食べておこう。
ベジマイトも食べた事ないけど、とりあえず珍しい方…。
そう思って、マーマイト買ってきてしまいました。
弱ってる時って、ついおかしな事してしまいがちですよね。
290921.jpg
とりあえずスプーンで少しだけすくって直接舐めてみましたよ、マーマイト。
八丁味噌の後味を凄まじくしたような味でした。
しょっぱほろ苦のち深淵に強烈なケミカル臭…
これは…直接単独で食べるとめっちゃ不味いが、何かと合わせると化ける味だ!!
多分、プンパーニッケルみたいに…。
そう直感したので、とりあえず家にあった水煮のツナ缶と合わせてみました。
70g缶に小さじ一杯程度。

化けましたよ!! 美味しくなりました。
あの凄まじい後味は不思議に緩和されて、むしろ深みさえ感じられるように。
面白い食材ですね、マーマイト。
コメント(0) 

野中の猫/平成二十九年八月十六日 [由無し事]

所沢で岩合光昭さんの猫写真展を観て来ましたよ。
お盆休み中とはいえ、雨天なのに結構な人出でした。
290816-1.jpg
入場券が猫型に型抜きされてるのが可愛かったです。ふふってなりました。
市街地では人間に迷惑もかけず、危険にも晒されず、
野外で平和に暮らす猫の姿を見るのは難しい事ですから、
雄大な自然の風景の中で遊び暮らす猫の姿を見られるのは嬉しいものです。

帰りに駅前のくりこ庵を覗いてみたら、
ベーコンエッグなんてのがあったのでつい買ってしまいました。
290816-2.jpg
切ってみました。
290816-3.jpg
鯛焼きは甘いものって先入観があるから、
しょっぱい鯛焼きって、何か別の食べ物みたいで変な感じです。
でもちゃんと美味しかったから、たまにはこういうのもいいかも。
コメント(0) 

川の流れの妖魚/平成二十九年七月十六日 [由無し事]

時々通るとある用水路脇の道、結構色んな生き物が観察できて楽しいんですよ。
丸々とよく肥えた鯉とか、プリプリして美味しそうなカルガモとか、
ポッキーみたいな黒と黄色のお洒落な足した鷺とか。

それで、今回も信号待ちしながらのんびり川面を眺めてたんですけど、
何だか見慣れない魚が泳いているのに気が付いたんですよ。
頭が三角で、平べったい鯰のような形をした黒っぽい魚。
川上に頭を向けて、結構速い流れに逆らって泳いでました。
30cmくらいのから5cmくらいのまで、四、五匹いたかな。
290716.jpg
最初はコチ?と思ったんですがコチがこんな内陸まで遡上してくるわけないし、
チョウザメ?まさかね。ピパ?って魚じゃないし!!何だろう、あれ、
ていうか泳ぎがクネクネニョロニョロして気持ち悪い!!絶対日本の魚じゃない!!
そう思ってるうちに信号が変わって、急いでいたのでそのまま立ち去ったのですが、
どうにも気になったので帰宅後すぐ調べてみましたよ。

以外とすぐに判明しました。通称「プレコ」と呼ばれる熱帯魚だったらしいです。
きっと誰かが飼いきれなくなって放した、捨てプレコなんでしょうねぇ。
沖縄では繁殖して在来種を侵食しちゃって問題になってるとか。
本来なら東京の気候では冬を越せないそうですが、
温廃水のあるところでは繁殖しちゃって他人事ではないそうな。

プレコ、食べるとかなり美味しいらしいですが、捌くのもかなり大変らしいので、
ここはなんでも機械化してしまう日本の技術力で以って、
プレコ解体機なんか開発したらいいんじゃないかなーなんて、
不謹慎な妄想してしまいました。プレコ好きな方、機械会社さん、ごめんなさい。
プレコもごめんよ。来たくて日本に来たんじゃないのにね。
コメント(0) 

たのもしいねがい/平成二十九年七月十三日 [由無し事]

九州の豪雨災害を見るにつけ心が痛みます。
被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。
上空から見た山々の姿が痛々しい…。山が欠けてるよ…。

通りすがりに見かけた七夕飾りです。何だか気後れして載せそびれてました。
290707-1.jpg
じがうまくなりたいとか、プリキュアになりたいとか、天才になりたいとか、
短冊には子供らしいお願い事が色々と書いてありました。
その中に、きゅうきゅうたいになりたい、と書いてあるのがあって、
頼もしいなぁ、と感心致しましたよ。
290707-2.jpg
きっとお友達のいい所を見付けるのが得意な良い子だね。
一瞬、何故?!と怯んでしまった私は、きっと心がスレちまってます。(笑)
コメント(0) 

ホットなのかクールなのか/平成二十九年六月十五日 [由無し事]

鯛焼きでチュー。
cma1.jpg
一昨年辺りから気になってたけど、毎年食べ損ねて悔しい思いをして来た、
くりこ庵の期間限定チョコミントあん、今年やっと釣り上げる事が出来ました。
cma2.jpg
あんの色も、味も見事なチョコミントで、とても美味しかったです。
ただ、もともとチョコミントが大好きな私でも
ちょっとびっくりするくらいスースーするので、
ミントが得意じゃない人はお気を付けになった方がいいかもしれません。
一匹食べたら、その日一日ずっとお腹がスースーしてますよ。
コメント(0) 

人参フリッパー/平成二十九年六月十一日 [由無し事]

世代がバレますが、私が子供の頃に流行っていた海外ドラマに、
「わんぱくフリッパー」という作品がありました。
どこかアメリカの港町に暮らす家族と、その家族に飼われていたのか、
野良だったか、フリッパーという名のイルカとの交流を描いた内容でした。
当時は銭湯に行くと、水中モーター付きのイルカのおもちゃが
湯船に一匹や二匹は泳いでいたくらいに流行ってました。

詳しい内容は殆ど覚えていないんですけど、
一つだけ物凄く印象に残っている場面があります。
その家族の中の最年少の男の子が一人、船着き場に腰掛けて、
不貞腐れた様子で生の葉付き人参を丸かじりしている場面です。

えぇっ、船持ってるようなお金持ちの家の子なのに、
生の人参丸かじりさせられてるなんて、
何か悪い事してお仕置きされたの?! それとも兄弟差別?!
…って、まずびっくりしました。
子供が葉っぱ付きの生の根菜丸かじりする姿なんて、
戦前に東北地方が大凶作で子供が生の大根抱えて丸かじりしてる、
あの有名な写真の印象がそのままかぶっちゃったんですねぇ。

そしてその様子を海から眺めていたフリッパーが、
その男の子に向かって何かケケケケッと鳴くんですね。
男の子が可哀想だから慰めているのかと思ったら、その男の子、
この人参は僕のだからお前にはやらん!!と憎々しげにフリッパーに言うんです。
それを聞いたフリッパーがまたケケケケッと鳴いて、男の子は、
やらんといったらやらん!!と意地悪を言うのです。
えぇっ、イルカって、人参食べるの?! …って、またまた大衝撃でした。

アメリカでは生の人参丸かじりは普通に子供のおやつだと知ったのは、
それから何十年も経ってからの事でした。
でもイルカが人参食べるかどうかは未だ謎のままです。(笑)
ninjinj.jpg
味の想像がつかなくて長い間購入を迷っていたご当地名物人参ジャム、
思い切って買って食べてみました。美味しかったですよ。
リンゴとレモンが効いていて、人参臭さは全然なくて、
甘酸っぱくてさっばりしていて、爽やかな感じです。
ただ、これをジャムと言っていいのかどうかは…今一つ疑問が残ります。
ペクチンが少ないのかさらっとしていて、ジャムのようなトロッと感はありません。
見た目はもみじおろしのようだけど、それよりはちゃんともったり感もあって、
何かに似ている…と思ったら、こしあん!! 水分多めのゆるめのこしあんです。
でも人参こしあんなんて言ったら、もっと違うし、やっぱりジャムですかね〜。
コメント(0) 

私にも待ってる者がいるのかい(猫忍)/平成二十九年五月二十八日 [由無し事]

劇場版『猫忍』観てきましたよ。良かったですよ。
正直言ってTVドラマ版の『猫忍』が『猫侍』の焼き直しっぽい印象だったから、
あまり期待してなかったんですけどねぇ。(スミマセン)

殺陣は、無茶すぎるワイヤーアクションとかなくてちゃんとしてたし、
ストーリーもドラマ版の続きだから分かり易かったし、
エェッ、ここ(劇場版)で回収するのか?!って、裏切られましたわー、良い意味で。
ドラマ版を知らなくても楽しめるけど、知ってたら三倍楽しめます、きっと。
なんか今回やたら笑わせにきてる感じで、もう、鑑賞中何回吹いた事か。

桐生の里が猫禁になった訳、変化の術の巻物の秘密、父上(猫・人)の正体…
ドラマ版で残された謎が、みんな明らかになります。
馬鹿馬鹿しくも、最後はみんな揃ってニッコニコ。日本晴れのように爽やか!!
そう、そう、こういうのがいいんだよ〜って、こっちも笑顔になれました。
感動の超大作とか、衝撃の問題作とかいうのではないでしょうけど、
私にとっては元気が貰えたとても良い映画でした。
nekonin.jpg
映画館ロビーにあった立看板、暗くて上手く撮れませんでした。
ていうか、右端に写り込んでるお客さんの背中、
猫忍観に来るのに何故犬柄のジャンパー着て来たのか、凄く気になるわ!!(笑)
コメント(0) 

猫喜びさせやがって/平成二十九年五月五日 [由無し事]

また近所の保護猫カフェで猫成分補給して来ました。
「お、よく来たな。」とか言ってそう。
290505.jpg
ハンモックでリラックス〜。
290505-4.jpg

なんて美人さん、と思ったら美男子さんでした。
290505-1.jpg

ロシアンブルー混じりちゃん。
元野良の子の多くは警戒心が抜けなくて素手では触らせてくれませんが、
猫じゃらしの魅力には勝てないようです。入れ食いです。(笑)
290505-5.jpg

猫カフェ、行くと猫が飼いたくなって辛くなりそうでもあり、
行かないと猫恋しくて辛くもあり、
なかなか自分の心の折り合いをつけるのが難しいです。
でも行った後は間違いなく一日顔がニヤニヤしてるんですけどね!!

余談。この保護猫カフェができる前に、
近所に猫カフェはないかなと検索したら最初に出てきたのがこのお店。
290505-2.jpg 290505-3.jpg
ぬか喜びならぬ、猫喜びさせられましたわ!!
若いお嬢さんが猫のコスプレしたメイドカフェでした。
そして駅前の花壇の横に猫がいる!!と喜んで近寄ったら…
290505-6.jpg
とってもリアルで可愛いフェイクニャースでした。
まったく、猫喜びさせやがってですわ!!(笑)
コメント(0) 

花吹雪ウキウキ/平成二十九年四月十三日 [由無し事]

東京の桜は満開を過ぎて、もう花吹雪の頃です。
我が家のベランダにもどこからか飛んできたのか、
ひとひら、ふたひら花びらが舞い込んできて、
ちょっと気持ちがほっこりします。
290413.jpg
別にお花見の名所まで行かなくても、街角の桜の立木の周りも
ちょっとしたお花見スポットになりますよね。

走行中の車の中から窓全開にして、車の中花吹雪の花びらまみれにして
大喜びしてる子供がいて笑っちゃいました。後で掃除が大変だろうなぁ。
首を90度横に曲げて、思いっきり桜をわき見しながら歩いて
人とぶつかりそうになってる通行人とか、
脇道の桜の立木の下で、三色の花見団子立ち食いしながら
桜を見上げて無理やり一人お花見している人とかも。
今の時期は誰も彼も桜で気持ちがウキウキしていて楽しいですね。
コメント(0) 

被災地なら間違いない/平成二十九年三月十九日 [由無し事]

そんな程度で何かした気になっとるわコイツ、と笑われるでしょうが、
今私が履いてるレインブーツもといゴム長靴は、東日本大震災の翌々年、
被災地の靴屋からネット通販で購入した物です。

殆ど積雪のない地方で生まれ育った私にとって、
たまに積もる東京の雪でも、足元には結構難儀をさせられます。
普通のブーツで爪先をびしょ濡れにしては、冷たい思いをしてきました。

それでいよいよ長靴を買おうと思い立って、どういうのがいいのかと
色々調べて迷っていた時、ふと思いついたんですよ。
被災地で扱ってる長靴なら間違いないだろうって。
雪国だし、辛いけど足元も良くなかっただろうし、
きっと丈夫で履き心地もいい長靴があるに違いないって。

そうして送られてきた長靴は、期待通りの素敵な長靴でした。
使い勝手もいい上に、普段の服装にも合わせられてとても便利です。
ジョッキータイプでかかとのポッチもちゃんと付いてるのが、
個人的にとってもツボです。絶賛愛用中ですよ〜。
290319.jpg
コメント(0) 

恐るべき猫ラベル商法/平成二十九年三月八日 [由無し事]

フェリシモ猫部って、出張出店してるんですね。
たまたま見かけたので、嬉しくて色々見てきました。

猫用和布団セットはとっても可愛らしかった!!
うちに猫がいたら買ってあげたいなと思いました。
多分、思った通りの使い方はしてくれない確率も高そうだけど。(笑)

ニャシュマロは見た目も可愛くてふわふわで、本当に美味しそう。
だけど例えマシュマロでも猫ちゃんの顔を食い千切るなんて、
恐ろしくてとても私には出来ないので購入は見送りました。

肉球の香りのハンドクリームは試用品があったので、
これが噂の…!!と、わくわくしながらつけて見ました。
でも私的にはちょっと違うなぁ…と思ったので、(個人の感想です)
これも今回は購入は見送りました。何ていうか獣臭が足りないー!!
甘〜いヌガーか何かの、お菓子のような上品な香りでしたよ。

結局今回購入したのは、こちらの猫麺でした。
290308-1.jpg
ちゃんと猫ちゃんには食べさせちゃダメって表示してくれてますね。
290308-2.jpg
ただの袋麺に猫のイラストつけただけなのに、解ってるのに…。
つい嬉しくて買っちゃうんですよねぇ。
こういうのを個人的に「猫ラベル商法」と呼んでます。
恐るべし。(笑)
コメント(0) 

肉球触らせてあげるから♪/平成二十九年二月四日 [由無し事]

毎年二月は猫関連の話題が増える傾向にあるから、
ちょっと楽しみな月だったりします。
実は以前住んでた部屋がケーブルテレビの無料物件だったので、
二月はアニマルプラネットの猫特集ばっかり観まくって、至福の月間でしたわ。
今は違うので、ちょっと残念です。

テレビCMでも最近は、猫の可愛らしさを大げさに強調したばかりのものじゃなくて、
あざとさのない、安心して見られるものがあって嬉しいです。
例えばciaoチュールやYKKの窓シリーズみたいなの、いいですね。
どっちも見かけるとつい、居住まいを正して眼鏡掛け直して見入っちゃいます。

最近、ciaoチュールの歴代CMの総集編があるのを知って、
その想像を絶する破壊力に、涙腺が破壊されそうになりました。
ただ猫が延々とおやつ食べてるだけの映像なのにー!!
猫への愛が溢れて、地球いっぱいに広がっていってるよ〜!!
愛しさに身も焦がれそうな可愛らしい日本語版も、
暖かく包みこまれる優しい英語版も、どちらも素敵です。

今回もリンクはしませんので、お手数ですが検索して見て下さい。
今のところWeb限定らしいです。
日本語版「ちゅ~るしよ!」
英語版「CIAO Churu Music Video」
290204.jpg
↑雑でスミマセン。英語版の歌詞に反応してしまって。(笑)
コメント(0) 

鶏鳴/平成二十九年一月三日 [由無し事]

あけましておめでとうございます。
今年も皆様の一層のご多幸をお祈り申し上げます。
また、昨年中のご厚意に感謝致しますとともに、
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
290103.jpg
画像の鶏の絵は、昨年益々大ブームになった伊藤若冲のです。
鶏鳴力強い夜明けとともに、世の中が益々明るく発展していきますように〜。

ところで、元家のアドレスが移行になりました。
特に大幅な内容の変化はございませんが、
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
コメント(0) 

スイーツいなりって何?!/平成二十八年十二月二十四日 [由無し事]

時々利用するスーパーで最近見かけるお惣菜、好奇心に負けてつい買ってしまいました。
スイーツいなりって、何ですか?!本気ですか?!余り物処理じゃないの?!
281224-1s.jpg
いなり寿司の上にあんこが乗ってるのか、お揚げの中にお萩が入ってるのか、
中のご飯は酢飯なのか、もち米なのか、外から見ただけでは判らないんですもの!!
…開けてみました。
281224-2s.jpg
お皿に盛ってみました。判らない…中はどうなってるの?
281224-3s.jpg
切ってみました。見た目はいなり寿司の上にあんこが乗っているようです。
281224-4s.jpg
食べてみたところ、中のご飯は酢飯でした。
味もまさしく、あんこの乗ったいなり寿司、でしたわ。
お揚げが甘いので、甘い物同士でそんなに変な味ではなかったです。
というか、むしろ普通でした。
個人的にはいっそお萩をお揚げに詰めても…。いや、何でもないです。(笑)
コメント(0) 

猫は怖いな可愛いな/平成二十八年十二月四日 [由無し事]

久し振りに、また近所の保護猫カフェで猫成分補給しました。

まるでガラスの城のお姫様のよう。綺麗な子でした。
281204-5.jpg
幸せそうな猫の寝顔は、見ているこちらまで幸せな気持ちにしてくれます。
281204-4.jpg
281204-1.jpg
ちくわ猫。
281204-2.jpg
猫の架け橋〜。
281204-3.jpg

何度か猫カフェに行ってみて気付いた事なんですけど、
猫カフェに来るお客さんの中には、猫は好きだし可愛いと思うけど、ちょっと怖い…、
という人が結構いらっしゃるようなんですね。意外でした。
今回お時間をご一緒したお客さん達も、まさにみんなそんな感じで、
大喜びで猫とおもちゃで遊んだり、写真撮ったりしてるのに、
決して触ろうとはしないんです。お触りも抱っこも可能な猫カフェなのに。

それどころか猫にじゃれつかれたりすると、ヒィッって、避けるんです。
小三くらいのお嬢ちゃん連れたお父さんも、生後二、三ヶ月くらいの子猫に腕に飛びつかれて、
硬直したまま「これ取って!!(泣)」って、お嬢ちゃんに懇願してるし。
お嬢ちゃんも、おもちゃで必死に子猫の気を引いて離そうとはするけど、
直接手を出して引き剥がそうとはしないんですよ。
お父さんのおっしゃるには、行動の予測がつかないから怖いんだそうです。(でも常連だそう)
何となく、ふれあい動物園みたいな感覚なのかなあと思いました。

ちょっと勿体ないような気もしましたが、それくらいの距離感で接して貰えた方が、
猫にとってはストレスが少なくて好いかもしれないと思いました。
これまで私の周りの猫好きな人って、他所の人を見るとパニック起こす人見知り猫だろうが、
ヨボヨボの高齢猫だろうが、母猫のおっぱいに吸い付いてる生後一日の子猫だろうが、
「可愛いー!!」の雄叫びと共に、鷲掴みでガシガシ撫でまくるような人が多かったですから。
いつしか私は、飼い主さんの許可のない猫には、原則として触らないようになりました。
今は飼い主さんがいれば必ず許可を頂いてから触らせて頂くし、野良猫でも外猫でも、
猫の方から触ってきたり、緊急事態でもない限りは触りません。
「触ったら、飼え。」という掟を自分に課しておりますからね!!
コメント(0) 

せめてゴジラには/平成二十八年十一月二十五日 [由無し事]

22日の福島沖震源の地震、久々に肝を冷やしました。
お怪我なさった方にはお見舞い申し上げます。被害が酷くなくて済んでよかった…。

当日、丁度朝食の支度が出来て、さあ頂きましょうかとなった時に、
テレビのニュースに緊急地震速報が割り込んで来ました。
うわこれ久しぶりに聞いた…と、身構えているうちに、ゆらゆらと大きな横揺れが始まりました。
大きいな、福島大丈夫かな…と思っていたらまさかの津波警報で、
びっくりすると同時にテレビのアナウンサーが絶叫し始めて、怖くて泣きそうになりましたよ。
もう誰もあんな酷い光景なんか見たくないですもの。

なんぼゴジラがリアルだとしても、現実の前には虚構でしかなかったなあと、
改めて思い知らされました。
震災当時の内閣の人がシン・ゴジラ観て、「実際はもっと…」と
ぼやいてたとかいう噂を聞いたけど、(あくまで噂)、そんな事みんなよく解ってると思うんです。
実際はゴジラより何倍も過酷な目に遭った事も、
この先何十年も、何世代も戦い続けなければならない重い現実が横たわっている事も。
だからこそ、せめてゴジラには勝ちたかったんだって…。

まあそんなわけで、明日26日はヤシオリ作戦決行日だそうですね。
虚構の時間だけど、作戦の完遂に静かに思いを馳せたいと思います。
ああーしかし、特建第一小隊を(ネタバレ)させたのだけはどうしても許せないわー!!

しんみりしてしまったので、にわか者の私が見つけた、
ゴジラフィギュアのコマ撮りアニメでもご覧になって和んで下さい。今更だったらゴメンなさい。
リンクはしませんので、ご面倒ですが動画サイトで検索してみて下さい。
Godzilla Plays Godzilla
↑ギャレスゴジラとバーニングゴジラが代わりばんこにプレステのゴジラやってます。
かの国でもこういう悪戯するのねー。
関連で出てくる動画にも面白いのがいっぱいあって楽しいです。
放射熱線比べでGMKゴジラが一人勝ちして嫌われるのとか、
バーニングゴジラでマシュマロ焼くギャレスゴジラとか、
顔が怖いだけではゴジラとは認めん!!と先輩ゴジラに特訓されて
シェーダンスまでやらされるシンゴジラとか(笑)。
海外のゴジラファンの情熱が、こんなに半端ないものだとは知りませんでした。
国産(?)だとネタもタイトルもてんこ盛りでヒントが出し辛いけど、
シン・ゴジラ遊び◆ ←というのにやられました。最初のうちは、わー凄いなーと
真剣に見入ってたのに、ペンライト、新兵器、遅刻、の辺りで崩れました。
あとはもう、ノンストップです。(笑)
コメント(0) 

古代米でシン・ゴジラ(後)/平成二十八年十一月六日 [由無し事]

明日11/7の昼前、鎌倉から巨大不明生物こと、ゴジラが再上陸するらしいですね。
夕方には東京まで侵入して、街は大惨事になるようです。大変、大変。

背びれビーム!!
281106-1.jpg
前回に引き続きもう一皿、「鎌倉さん」こと第四形態のシン・ゴジラを盛り付けてみました。
今回も本体は古代米の黒米十割ご飯、背びれとビームはお茄子の浅漬けです。
281106-2.jpg
B-2爆撃機は板こんにゃく、MOP2爆弾は落花生、爆発は卵黄です。
281106-3.jpg
Godziila…まさに米の化身ね…。
281106-4.jpg
これにてシン・ゴジラ盛り付け特集(?)は終了致します。ご覧下さって有難うございました。
映画を観た後にも、こうして思い出して色々遊べるなんて、恐しくも楽しい作品でした。
観といて良かったです、シン・ゴジラ。

第四形態の尻尾の先を模したUSBメモリがあったらいいな。
通電したら先端がガチンと開くとか、青紫に光るとかしたらかっこいいな。
そうして商品名はアメノムラクモノUSBメモリで!!
コメント(0) 

古代米でシン・ゴジラ(前)/平成二十八年十一月三日 [由無し事]

今日はゴジラの生誕日だそうですね。初代ゴジラが初上映された日、
そしてシン・ゴジラが東京湾に初出現して、蒲田から上陸して大暴れした日だそうな。

内閣総辞職ビーム!!
281103-1.jpg
品川くんと蒲田くんに引き続き、「鎌倉さん」こと、
第四形態のシン・ゴジラを盛り付けてみました。
今回の本体は古代米の黒米十割ご飯です。見事に真っ黒に炊き上がりました。(笑)
281103-3.jpg
背びれとビームはお茄子の浅漬け、
281103-2.jpg
ヘリはうずら卵と焼き海苔、爆発は卵黄です。
281103-4.jpg
もう一皿盛り付けたので、それはまた後日改めて。

公開前はそんなに興味なかった「シン・ゴジラ」を、私が観てみようと思ったきっかけは、
たまたまCMで見た第四形態の姿に、衝撃を受けたからだったんですよね。
黒くゴツゴツした皮膚に背鰭モサモサ、赤い筋状の光がチロチロ見えてる…って、これ…、
ヤマタノヲロチ?!」
そう、古事記なんかに出てくるヤマタノヲロチの描写に、そっくりに見えたんですよ。
そういうのがちょっと好きな私としては、そりゃあ観に行きたくなりますわ。
それで観に行ったらヤシオリだのアメノハバキリだの出て来て、
こりゃもう間違いない、こいつヤマタノヲロチだわって。
今も勝手に色々想像して楽しんでます。
コメント(0) 

ドライカレーでシン・ゴジラ/平成二十八年十月三十日 [由無し事]

マンション倒し。バターン!!
281030-1.jpg
昨日の品川くんに引き続き、「蒲田くん」こと、第二形態のシン・ゴジラを盛り付けてみました。
今日は本体はドライカレーです。
281030-2.jpg
目玉はうずら卵と焼き海苔、エラと体液はトマトソース、口はミニトマト。
281030-3.jpg
背びれは蜆の時雨煮。
281030-4.jpg
マンションと瓦礫は厚揚げと焼き海苔です。

猫っぽくて思わず抱っこしたくなるようなキモカワ蒲田くんだけど、
体温は100度超えてるらしいし、放射性物質だだ漏れだし、
普通に考えたら触れたら死んじゃいそうな気がするんですけど…やっぱり、可愛いなぁ。
そのうち「鎌倉さん」こと第四形態のシン・ゴジラも盛り付けてみたいです。
コメント(0) 

お赤飯でシン・ゴジラ/平成二十八年十月二十九日 [由無し事]

「射撃待て!射撃待て!」「まだ人がいる、射撃の可否を問う!!」
281029-1.jpg
「品川くん」こと、第三形態のシン・ゴジラのつもりで盛り付けてみました。
本体はお赤飯、背びれは柴漬け、目玉はうずら卵と焼き海苔。
ヘリはじゃこと焼き海苔。
281029-2.jpg
逃げ遅れた国民はブナシメジ。
291029-3.jpg
京浜急行の電車は蟹蒲鉾と焼き海苔。
281029-4.jpg
京浜急行は本当はゴジラの後方にすっ飛ばされてたと思うのですが、
可哀想なので無理やり盛りました。(笑)
明日は「蒲田くん」こと、第二形態で盛り付けてみようっと。
コメント(0) 

逃げ遅れたオクラ/平成二十八年十月二十三日 [由無し事]

踏切待ちしてたら、遮断機の向こうに取り残されたオクラを発見。
281023.jpg
渡りきれずに逃げ遅れたのかしら。なんて。
多分、誰かが落としたのを、誰かが拾って分かり易いようにあそこに載せたんでしょう。
晩御飯、ちゃんと作れたかな。

鳥取の地震、お見舞い申し上げます。
これ以上被害が広がらずに、終息に向かいますように〜。
コメント(0) 

ひと夏の浴衣/平成二十八年九月三十日 [由無し事]

今年の夏は天気が乱れがちだったせいか、
浴衣姿を見かける機会が少なくて、ちょっと寂しかったかな。
今はその辺のスーパーでも、浴衣、帯、下駄の三点パック売りがあって、
随分お安く手軽に買えるようになってますね。
今時はそういうお手頃のパック売りの浴衣をひと夏着倒して、
来年はまた新しいパックを買うって感じの着方らしいですね。
もう洋服感覚なんですね。

サイズの都合で私はパックの浴衣が着られないので、
悔しいのであんまり近寄らないようにしてたんですが、
たまたまいい感じの柄のがマネキンに着付けてあったので、
ついつい近寄って見てみたんですよ。
そしたらびっくりしました。仕立てがすごくて。↓
280930.jpg
普通、くけたりまつったりして表に縫い目を出さない箇所が、
しっかり直線ミシンで叩き縫いしてあったんですもん。
なんでや〜、これではまるでガーゼの寝巻きやないか〜。

正直、最初はかなり面食らいました。
くけ縫いもまつり縫いもミシンでも出来るのに、何故?って。
でも考えてみたら、ガンガン着倒して、着たらポイッと洗濯機に投げ込んで
ガラガラ洗うのだったら、これくらいしっかり丈夫に仕立ててあるのは
理にかなってるなぁ、と思いました。
今時の使用法を想定した仕立てなのかな〜。だったらすごいな。
コメント(0) 

ベビ・ヤモリ/平成二十八年九月十四日 [由無し事]

夜、自転車で出かける用があって、駐輪場でスタンドをガタンと外したら、
前かごの辺りから何か黒くて小さいものが、ポトリと地面に落ちたんですよ。
何だろうと思ってよく見てみたら、ヤモリの赤ちゃんでした!!
まだ4〜5cmくらいでとっても可愛くて、写真撮りたかったけど急いでいたので、
そのままそっと脇によけて出てしまいました。惜しかったなあ。
本当に可愛かったです。ちっちゃい手足がパァ〜と開いてて。

↓これは別の日に撮った大人のヤモリです。
280914.jpg
日中に見かけるのは珍しかったので、つい撮影。
こちらの存在に全然気づいてなくて、観察し放題でした。
そういやヤモリって、ベビーゴジラとちょっと似ていませんか?(ミニラじゃない方)
…って、相変わらずゴジラネタ引きずってゴメンなさい。
コメント(0) 

ネコ・ゴジラ/平成二十八年八月二十一日 [由無し事]

ゴジラネタばっかり続いてゴメンなさい。
「シン・ゴジラ」が怖すぎて残像が頭から離れず、日常生活に支障が出そうな勢いです。(笑)

電車が来れば「無人爆弾…」という言葉が頭に浮かぶし、
空を見上げれば雲がゴジラに見えるし、
280821-1.jpg
お祭りを見に行けば「何故アメノハバキリがここに?!」とギョッとするし。
280821-2.jpg
形が似てるんで一瞬びっくりしましたよ!! こんな車両があるんですね。

ちょっと困惑してるのが、猫を見るとゴジラに見えるようになってしまった事。
「シン・ゴジラ」のゴジラって、私にはすごく猫っぽく見えたんですよ。
第二形態のゴジラの動きって、
猫が獲物をロックオンして匍匐前進から高速お尻プリプリ〜する一連の動作に見えるし、
第四形態のゴジラの体型は、おすわり立っちしてる猫の体型そっくりだし。
左右にゆらゆら揺れる大きなしっぽの動きも、せり出した胸板の形も、
顔の真ん中つまんで皺寄せたみたいな表情だって、猫の威嚇の表情そっくり。
身をよじって背びれビームを撒き散らす動きは、
猫が寝床で寝る前にくるりと回って、寝心地を確認する動作そっくりです。

そのせいでしょうか、ゴジラが攻撃されてるシーンではずっと「アイタタタタ…」って、
ゴジラに感情移入しちゃって、ちょっと辛かったんですよね。あんな怖いゴジラに。

怖いといえば余談ですが、私、CGにも兵器関連にも全然詳しくないもので、
劇中の戦車や戦闘機なんかは実物はめ込み合成だろうと思ってたアホの子です。
それがフルCGだと知って、感心すると同時に、実物はどんな感じなんだろうと思って
さっと動画を調べて見てみたんですよ。

ヒェッ… ってなりましたよ!!

現実はCGよりナントカだって、思い知らされました。
あんな怖いの、実戦で使われる事態にならない事を祈るのみです。
コメント(0) 

ハン・ゴジラ/平成二十八年八月十二日 [由無し事]

もしかしてネタバレに繋がるかも…と思って、載せるの迷ってたチラシです。
280812.jpg
ハンバーガーは喰うのか、ゴジラ…?(笑)。

このチラシを貰った時、一目見て吹き出しそうになりました。
他にも色々な物持たされてるコラボチラシ見たけど、
これが一番ツボにハマって可笑しかったです。
ゴジラの手のひらがずっと上向きなのは、この為だったのか…。なんてね(笑)。
コメント(0) 

エヴァ式巨神兵型巨大不明生物/平成二十八年八月六日 [由無し事]

会場で貰ったチラシです。郊外は集客が大変みたい…。
280806-2.jpg
以下、微妙にネタバレしてるかもしれません、ご容赦を。

別にゴジラファンとまでいうわけでもないし、
正直言ってエヴァはちょっと苦手なくらいだし(ゴメンなさい)、
そんなに興味はなかったんですよね、シン・ゴジラ。
でもたまたまCMを見たら、「あ、これはなんか観といた方が良い気がする…。」と思って、
隣県まで観に行きました。都心に出るより近いので。
ポケモンに負けてましたよ、ゴジラ…(笑)。ポケモン大行列。

結果、観といてよかったですよ。
もし本当にゴジラが日本に来たら、本当にこうなる気がするって思わされます。
色々、生々しい…。細々と生々しい。

良くも悪くも大震災の記憶がフラッシュバックするから、まずそれでやられる。
足と靴一瞬しか映ってないけど、ちゃんと人いっぱい死んでるって、解る…。
きっと登場人物のモデルは、いまくり。底意地が悪いな作った人は。
ゴジラデモのシーンで、つい笑いそうになった自分も底意地が悪い。

全弾命中させても倒せない絶望感。
ゴジラが火を吐くシーンは、まるでエヴァ式巨神兵型巨大不明生物。
火の津波…。
こんな絶望的な破壊力のゴジラをどうやって鎮圧するんだろうと思ったら、
そんなんでええんかい!!と思わず突っ込みたくなるような作戦内容で、
いつの間にかゴジラ応援しちゃったりしてましたよ。
何され放題になってんのやゴジラ!!って。
そういやコンクリポンプ車、大震災の時も真っ先に事故現場に投入された英雄でしたもんねぇ。

前方の座席に小4と小3くらいの姉弟らしき子達が座っていて、
こんな小さい子らには退屈じゃないのかなと気になってたのですが、
いつの間にかお姉ちゃんは座席から身を乗り出して、
前の席の背もたれにしがみついて食い入るように観てたし、
座席でタコ踊りしてた弟君は、その格好のまま固まって釘付けになってたし、
充分堪能してたみたいです。良かった…のかな?こんな危い映画観ちゃって。

ゴジラがドスドス雑な動き方しないのはCGだからだろうと思ったら、
モーションキャプチャモデルが、公文のCMに出てるサイボーグ狂言師さんですって。
凄いな。プロの摺足なのね、ゴジラ。何故か釣狐を思い出すわ。

色々書きましたが、ゴジラの絶望感を大画面で体感出来るのは今だけなので、
観ないと勿体ないかも、です。
そういえば今日は広島に原爆投下された日です。思いは、様々です。
コメント(0) 
前の30件 | - 由無し事 ブログトップ
(C) はなだの 2010-2017