So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

見えんけど、おる…んかい?!/平成三十年七月十六日 [由無し事]

まずはこの度の水害で被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。
犠牲になられた方々に謹んで哀悼の意を捧げます。
この猛暑の中、復旧作業に携わっておられる方々には感謝と尊敬の念を。
五月のゲリラ猛暑の時に速攻で熱中症にやられた私にはとても真似できません。
こうひどい災害が続くとつい(何で私は無事なんだ…)とか、
色々と余計な事考えてしまいがちですが、好くない事ですよね。
直接的には無理でも、間接的に出来る事をやらせて頂こうと思います。
300716.jpg
台湾バナナは美味しいけど高いんですよねー。
と思ったら半額処分になってたので、つい沢山買ってきてしまいました。
ごめんなさい、半額なんかで買っちゃって。
これでゲゲゲの女房ごっこが出来るわ!!なんて思ってしまって。(笑)
ご支援に感謝しつつ頂く事も忘れません。

そういえば昔、引越しで賃貸物件を探していた時に見つけた破格の物件、
すごく条件がいいのに賃料が格安で、何かあるんだろうな〜とは予想しつつも、
内見に行ったら目の前が広大な霊園だった事がありましたっけ。

電話で不動産会社に予約を入れて、現地の店舗まで出かけて受付を済ませたら、
奥から申し訳なさそうな顔して店長が出てきて「実は…」って白状してくれましてね。
普通ならそこで「電話で先に言っとけ!!」ってキレるとこなのかもしれませんが、
つい私、「水木先生と同じじゃないですか!!」って、嬉しそうに言っちゃいましてね。
店長も意味が解ったのかニヤリと笑ってて。

それで実際に物件まで行ってみたら、予想をはるかに上回る広〜い霊園でしてね。
毎晩壮大な大運動会が繰り広げられそうで、笑っちゃいましたよ。
案内係のお嬢さんも窓からそれを眺めながら「まぁ霊感なければ大丈夫ですよ〜。」
なんて言って笑ってるし、…って、出るんかい?!

結局、その物件はお墓とは全然関係ない別の条件がどうしても譲れなくて、
残念ながら見送らせて頂いたので、住む事にはなりませんでした。けど、
もしも一晩くらい泊まらせて貰えたりしたものなら、泊まってみたかったな。
コメント(0) 
共通テーマ:コミック

備えても備えても/平成三十年六月三十日 [由無し事]

この所、悲惨な事故事件や災害が続いて不安に思っているのは私だけではありますまい。
被害に遭われた方、犠牲になられた方には心よりのお見舞いと哀悼の意を捧げます。

特にもうね、今回の大阪の地震で、とどめを刺されたかと思った程凹まされましたよ。
何でまたそっちやねん!!って感じで。
阪神淡路の震災の時の事、色々とよみがえってきてしまってねぇ。
もう私が生きている間にはこんな酷い震災は起こらないだろうって思ったのに、
何度裏切られたか知れやしない。
最早何時何処で震災が起きてもおかしくないのですから、
どうぞ皆様もお気をつけ下さい。私も気をつけます。

だけど、サッカーW杯が何やら楽しくなってて、ちょっと救われてます。
色々と予想外の事が起こって、勝っても負けても面白い。(笑)
こういう裏切りは楽しいな。
コメント(0) 
共通テーマ:コミック

死の菓子カンノーロ/平成三十年六月十四日 [由無し事]

通りすがりのポポラマーマでカンノーロ出してるのに気づいてテイクアウトしましたよ。
ロールパンくらいの可愛いミニサイズで、小さくても美味しかったです。
cannolo1.jpg
カンノーロ、数年前からたまに見かけるようになってきたけど、
じわじわ浸透してきてるのかな。
個人的には見かけると(あ…これ食べたら死ぬヤツや…)と、
かすかな戦慄を覚えながらもつい食べてしまう、ちょっとしたトラウマお菓子です。
食い気は死の恐怖をも凌駕するんでしょうか。私はまだ食べた事ないけど、
河豚を食べる人の気持ちもこんな感じなのかな〜(笑)。
cannolo2.jpg
しかし、回転扉のトラウマは未だ克服できていません。
あれを通ると閉じ込められて蜂の巣にされる気がして、
よく公園なんかにある手押し式の鉄パイプ製の回転ゲートでさえ、
通る時ちょっと緊張してしまうのです。

一体、何の話かって…そう、「ゴッドファーザー」ですよ!!
他にも衝撃的なシーンは沢山あったのに、何故かあの回転扉のシーンが恐しくて恐しくて、
だから中学校の卒業記念品のオルゴールの曲目希望シートにゴッドファーザーがあった時は
好きな曲だから一瞬喜んだのに、すぐにあの回転扉のシーンが蘇ってきてしまって、
怖いので次点で「太陽がいっぱい」を選んでしまったヘタレな思い出があるのですよ。
それに加えて真面目な田舎の中学生だったものだから、
ゴッドファーザーなんか選んだら先生に怒られるんじゃないかと、
ちょっと真剣に心配してたのもあったんですよね、いやほんとに。
まあ、太陽がいっぱいも大概ワルな映画ですけどねぇ。(笑)
コメント(0) 
共通テーマ:コミック

素晴らしく華麗に/平成三十年五月二十七日 [由無し事]

飛ばねえYS-11は落ちねえYS-11だ。
300527-1.jpg
先日、所沢の航空公園の近くに所用があって、
そういえば少し前に久々に飛んだとか何とか話題になってたなーと思って
野外展示のYS-11を見に行ったんですよ。
そしたら来週一般公開があると知って、改めて見てきましたよ!!
300527-2.jpg
案内係の方が、座席に座ってもいいけどプラスチック部分には触らないで、
古くて老朽化が激しいのでとおっしゃってました。
確かに、ところどころ粘着テープで補修されてたりしてかなり痛々しい…。
300527-3.jpg
一部の窓は開くようになってたみたいなのがびっくりしました。
300527-4.jpg
さあいよいよ操縦席!!この脇にレジェンド解説者がいらっしゃいましたよ。
何と本物の元YS-11操縦士!!70代くらいの紳士でした。
意味不明な専門用語を連発してた航空ファン青年も、
みっちり解説して貰っててニッコニコ。嬉しかっただろうなぁ。
300527-5.jpg
すみません、中を覗き込んだら計器まみれでオェーてなっちゃいました。
これ全部監視しながら飛ぶって、やっぱ凄いわ操縦士…。
300527-6.jpg
ついでに所沢航空発祥記念館も見てきました。
300527-8.jpg
こんな衣紋掛けみたいな機体で飛んでたなんて、
やっぱヒコーキ野郎っていかれとるわ!!(スミマセン)
300527-7.jpg
よく見たら操縦席が籐椅子!!やっぱいかれとるよ〜。(泣)
コメント(0) 
共通テーマ:コミック

今だけ男〜♪/平成三十年四月二十八日 [由無し事]

子供時代の記憶なので勘違いがあるかもしれませんが、
土俵に女性が登っちゃった事って、
昔はたまにあったような気がするんですが…どうなんでしょう?
最近みたいに何らかの意志を持った女性が突撃して来るんじゃなくて、
つい、うっかりとか、今だけ内緒で~とかで。
あらあら、間違っちゃったね~って感じで、
そんなにおおごとにもなってなかった気がするんですが…。
花束抱えた女子中学生が登っちゃったのを何となく覚えてます。

昔、私が通っていた神道系の学校の女子寮が男子禁制で、
例え教授だろうが実の父親だろうが、男性が寮生の居室に入るのは厳禁!!
玄関脇の面会室までしか許されていませんでした。
でもある日、居室で急病のため意識不明になった寮生がいて、
救急車を呼んだ事があったんです。

普通に男性の救急隊員が突入して来ましたよ、居室まで。
まさか女性の救急隊員にしてくれなんて要請しなかったし、
意識のない寮生を不用意に玄関ロビーまで動かしたりもしませんでした。
まあ土俵と女子寮を一緒にしてはいけませんが、そういう次第で、
個人的に今回の問題にはすごく違和感を覚えましたよー。
(ちなみにその時の寮生は無事元気になって帰って来ましたよ)

つい最近まで男子禁制が厳守されて来た斎場御嶽(一発変換できた!)では、
かつては例え国王といえども男性は立ち入る事を許されず、
止むを得ない場合は女装しなければならなかったそうですが、
女装すれば入れたわけですから、それに倣えばいいんじゃないでしょうか。
土俵は緊急時以外は女人禁制、ただし男装すれば可、という事にすれば。
それだったら、もしそんな事になった時も、文句が出るどころか
登る女性もきっとウキウキで男装支度してくれるんじゃないでしょうか。
観客もワクワクしながら見守ってくれる気がするんですけどねぇ。
スーツかな礼服かな、いっそ紋付袴なら素敵だな~って。
日本武尊や天照大神みたいに、古代は女装男装の戦士は英雄だったんだし。
特に外国人観光客にウケそう!!
300428.jpg
話題と全然関係ない画像でスミマセン。
久し振りにコンビニ行ったらチョコミント祭りでした。嬉しい。
コメント(0) 
共通テーマ:コミック
前の5件 | -
(C) はなだの 2010〜